防災グッズとしての非常食

非常食といえばカンパンのイメージが強いですが、最近では色々なものがあります。

アルファ米 アルファ米商品写真をクリックすると商品の詳細ページに行きます。

最近の主流は水やお湯を注ぐだけで出来上がるアルファ米です。白米だけでなく、炊き込みご飯やピラフなど様々な味が用意されています。また、量も1人前の少量パックから、50人分の大容量タイプなど、用途に合わせて選ぶ事ができます。また、軽量で持ち運びにも適したレトルトパックご飯も良いでしょう。中でも非常災害用ご飯の場合は3年間の長期保存も可能です。

カンパン商品写真をクリックすると商品の詳細ページに行きます。

長年非常食として愛用されてきたカンパンも、最近では随分食べやすく改良されています。金平糖や氷砂糖が一緒に入ったものもあり、食べやすくなったとはいえ、やはり水分を一緒にとらなければのどの詰まりを感じてしまうでしょう。また、堅いものが食べられない人にはあまり向きません。

インスタントスープ商品写真をクリックすると商品の詳細ページに行きます。

味噌汁など、インスタントスープも食事にバラエティーが出るので良いでしょう。お湯を注ぐだけという簡便さに加え、温かい食事は避難生活の中でもありがたいものです。

また、是非用意しておきたいのがチョコレートやキャンディ、おせんべいなどの嗜好品。携帯性に優れ、カロリーも高く、また配給ではなかなか手に入らないので生活に少しでも潤いをもたらすためにも、自分や家族の好みのものを用意しておきましょう。お茶、コーヒー、タバコなども同様です。

最近では、年配者向けの和風テイストで柔らかい雑炊や、アレルギー体質の方向けのアレルギー対応レトルト食品などもあります。半年から一年の賞味期限であることが多いので、半年に1度くらい中身を入れ替えながら、人それぞれに適した非常食を用意しましょう。

自主避難を考えている人は、用意する非常食の量も十分に備えておかなければなりません。もちろん、非常持ち出し袋とは別に、持ち運びやすい場所に保管しておきましょう。

非常持ち出し袋用の袋
防災グッズとしての非常食
防災グッズとしての飲料水、折りたたみ式タンク
防災グッズとしての救急箱
防災グッズとしての現金、その他の貴重品と筆記用具
防災グッズとしての携帯ラジオ
防災グッズとしての懐中電灯
防災グッズとしての衣類、雨具、軍手、靴、めがね
防災グッズとしての寝袋、毛布、エマージェンシーブランケット
防災グッズとしてのナイフ、ライター、ウェットティッシュなど便利小物
防災グッズとしてのテントなどのキャンプ用品
防災グッズとしての乳幼児用品や女性用品、簡易トイレ
車の中にも備えておきたい防災グッズ
防災 防災

Sponsored Links