避難所での生活

地震により家を失ったり、危険な状態になってしまった場合、一時的ではありますが、避難所での生活を余儀なくされます。近くの学校やこうみんかんなどが避難所にあてられている場合が多く、風雨を避ける場所として、また被災者の救援活動の拠点としても機能することになります。避難所は救援物資の配給があったり、診療場所になったりと、被災者支援のための重要な場所となるのです。

しかし、避難所での生活も長引けば長引くほど、問題点も浮上してきます。その一つがプライバシーの問題。隣の人と常に顔をあわせなければならず、窮屈な思いをしなければなりません。普段から近所の人と親しくするなどで気心が知れていれば、いざというとき助け合える仲間として、プライバシー面での精神的負担も軽くなるでしょう。

また、避難所では救援物資の分配、衛生問題、健康もんだいなど個人レベルでは対応できない問題も発生してきます。そんな時、なるべく早めに避難所ないでの自治組織を作り、避難所内で協力して物事に対応していくシステム作りも必要となってくるのです。

避難所での生活
野外での避難生活
地震後の避難所生活での健康・衛生管理
自分の居場所を知らせる 『避難届』
各種保険金や支援を受けるために必要な 『罹災証明書』
地震時に預金、株券、手形、小切手などを紛失したら?
地震に関する各種保険金の支払い
地震による建物損壊のランク分け
災害時のペット対策
防災 防災

Sponsored Links