地震予知に必要な三要素

日本のような地震多発国では、地震災害対策の一つとして地震予知の試みが以前から行われています。地震予知といった場合、示されなければならないのは、

1) 地震の発生時期
2) 震源の位置
3) 地震の規模

の三要素です。もしこれら全てが同時に高精度で予測できるようになれば、それに応じた有効な対策を採ることができると共に、被害を最小限に抑えることもできるでしょう。

しかし、現状日本では東海地震のみ予知の可能性があると言われていますが、その他の地域での地震予知は不可能とされています。三要素の中でも 『発生時期』 の予測が最も難しく、現在の科学技術をもってしても、正確な予測は困難といわれています。

地震予知に必要な三要素
長期予測と短期予知 ~地震予知の時間的区分~
ナマズが暴れると地震が起きる?
地震の調査・研究最前線
『東海地震』 はいつ起こるのか?
防災 防災

Sponsored Links